アシスタントとスタイリスト

アシスタントとスタイリスト

私達にでもわかる美容師のランクで、アシスタントとスタイリスト、と言う違いがありますね。これは皆さんも良く知っていると思いますが、新人美容師でまだお客さんの髪をカットする事が出来ないレベルの美容師の事をアシスタント、と呼んでいますね。そしてお客さんの髪の毛をカットする事が出来る様になったらスタイリストデビューと言う事になるようですね。ですからアシスタントと呼ばれる人たちは、美容師として働いてはいますが、まだまだシャンプーなどのお客さんのヘアスタイルを左右しない部分での仕事をしていますし、お店が閉店したらお客さんの髪をカットできるように自分の練習をしているのです。そしてその技術が認められればスタイリストに昇格するわけですね。それはどのぐらいの期間がかかるのか、というと、個人の努力にかかっているようです。早い人でも3〜4か月、上手くいかない人は1年でも2年でもアシスタントとして過ごしているようです。この期間に辞めていくアシスタントはとても多く、実際にスタイリストデビューを迎える事が出来る人は少ない、と言われています。それだけ過酷な労働条件だったり体力的にもきつかったりするのでしょうね。晴れてスタイリストデビューの日を迎えた時はとても嬉しいものでしょうね。美容室によっては、美容師の肩書はスタイリストかアシスタントか、というぐらいの違いしかないケースも有りますが、時にはスタイリストのなかでもさらにランク付けしている美容室も有りますね。多くはスタイリストの人数が多い美容室で、わりと大規模でスタイリッシュな感じの美容室が多いですね。そこで区別されているのはスタイリストとトップスタイリスト、と言う違いです。他にもデザイナーとかディレクターなどの肩書も有って、正直なところ「だから誰が一番上手なの?」って思ってしまう事も有りますよね。スタイリストとトップスタイリストなら、トップと名が付く方が格が上なのだろう、と言う事は解りますがそれでもどれぐらいの違いがあるのか、とか、どういう条件でランク付けされているのか、と言う事はなかなか一般のお客さんには解り辛い事も有りますよね。実際にトップスタイリストさんにカットしてもらったけれども、普通のスタイリストさんとどう違いのか解らない、という声は良く聞きますし、特にトップスタイリストだから、と料金が高く設定してあったり指名料金の様なものが必要になるのであれば、お客さん側からするとその違いを明確に知りたい、と思うのは当然の様な気がしますよね。与野本町 床屋