別の美容室へ行く、という選択肢

別の美容室へ行く、という選択肢

今指名している美容師がいるけれども、その美容師とはあまり合わないと感じる、という時にはまずは一つの選択をするべきでしょう。一つは「同じ美容室内で別の美容師を指名してみる」というケース、そしてもうひとつは「全く別の美容室へいってみる」と言う選択肢です。実はアンケートによると「別の美容室へ行く」という選択をする人の方がダントツで多い、と言われています。その心はその美容室自体が嫌になった訳ではなく、同じ美容室内なのに別の美容師を指名するのはちょっと気が引ける、というこれまでの担当美容師に対する気持ちからの様なんですね。良く考えてみたらお客さんがそこまで気を遣わなくてはならないのか、という気もしますが、実際に美容師の指名変更にとても気を使っている人が多いのは確かな様です。その人の指名を辞めて別の美容師を説明した時には、その元の担当美容師とも引き続き顔を合わす事になりますからどうしてもその人の顔色が気になる、という事になるんですね。その気持ちはとても良く解ります。ですからあまりその美容室自体にこだわりが無かった場合には、今後気を遣ったり気まずい思いをする可能性があるのであれば、いっそ美容室を変える、という選択をする人が多いのでしょうね。美容室を利用する時に「自分の好きな美容師を指名できる」というシステムはとても便利であるように思われます。ところがこの指名予約があるがゆえに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。指名をした美容師に数回お願いしているうちに、その美容師とは合わない、と思い始めた、という経験をした事がある人は案外多いと思われます。そんな時に、ではどうするか?という事で悩む人が多いと思います。それは今指名している美容師に対して悪いと思う気持ちから悩んでしまうものなんですよね。割り切って言えば、使命と言うシステムがある以上、他の美容師を指名しても決して悪い事ではないはずです。美容室側も指名する人を変えたからと言って、そのお客さんを邪険にしたり冷たい目で見ることなど許されるはずがありません。それでもお客さんの方は「嫌な思いをさせたらどうしよう」「別の人を指名したらあの美容師は嫌な顔をしたり、冷たくされたりするのではないか」という不安を持ってしまう物なんですね。ではそういう時にみなさんはどのようにして対処しているのでしょうか。中には「どうしても別の人を指名するのは申し訳ないから諦めている」と言う人もいるかもしれません。ですがきちんと料金を支払っているのに自分の思う美容師さんにお願いできないのは悲しいですよね。海老名 スタイリスト 求人 美容院