花粉で肌が荒れてしまう?

花粉で肌が荒れてしまう?

花粉の時期に毎年お肌が荒れてしまう方も多いと思います。花粉によってどうしてお肌は荒れてしまうのでしょうか。原因の一つとしてアレルギー反応によるものがあります。このアレルギーが花粉症です。花粉は粒子がとても細かくて毛穴に入り込んでしまうと毛穴の皮膚バリア機能が低下してしまうのです。そうなると皮膚は乾燥し毛穴は炎症を起こしてしまいます。炎症により痒みが出て、かゆいからといってかいてしまうと肌が荒れてしまうのです。また花粉症になりマスクをつけたり外したりする事でマスクが肌にこすれて肌荒れを起こしてしまうという事もあります。花粉を完璧によける事は難しいので、とにかく花粉の時期は毎日肌についてしまった花粉をしっかりと落とす事、保湿もしっかりとして市販されている花粉グッズなども使ってお肌を守っていきましょう。特に保湿クリームは油分が多く花粉から肌をバリアしてくれるのでしっかり塗りましょう。花粉が付いているからと言って、洗顔の時にごしごしこすったりはしないで優しく泡立てた泡で洗い流します。外でマスクをする時にも肌にかぶれにくいものを選んでつけるようにします。あまりこすれないように固定出来るものが良いでしょう。そして栄養をしっかりととっていく事もとても大事です。食事をとらないとアレルギー症状も良くなりませんし、お肌にも良くありません。お肌が花粉に負けない為にもバランスの良い食事を心がけましょう。雨の多い季節になってくると髪が広がるようになり上手くまとまらないなどのトラブルが出てきます。こういった髪のトラブルは髪のダメージ具合や水分量が関係しています。今年は梅雨が来る前に少しでも髪のまとまりを良くする対策方法を考えてみませんか?まず髪がまとまらないという事は、髪のダメージ具合が関係して髪が広がってしまっているので日頃の髪のケアをしっかりと行っていき、髪を健康にしていきましょう。地肌や髪に優しい成分のシャンプーを選び、髪の表面のキューティクルが壊れないように優しく洗っていきます。トリートメントでしっかり髪に栄養分を入れていく事も大事です。髪を洗った後にはドライヤーで髪の根元からしっかりと乾かしていきましょう。髪が濡れたままでいると少しの摩擦でもすぐに傷んでしまいます。そしてブラッシングも大事です。髪の絡まりや汚れを落とし、ブラッシングをする事で髪には艶が出ます。そして雨の季節に向けて、ストレートパーマや縮毛矯正、ストカールなどをかけておくのもお勧めです。格段に髪に扱いやすさが出せると思います。他にも雨が降った当日に出来る髪のうねりや広がりの対策としてミニヘアアイロンを持ち歩いたり、ヘアスプレーでうねる所を固めておいたりヘアオイルやワックスを使ってうねりをまとめておく方法もあります。自分に合った方法を今から見つけておくのも良いと思います。雨が降ってもお気に入りの髪型で過ごせるようになりたいですね。ヘアサロン 弘明寺駅 美容院 パーマ トリートメント おすすめ メンズ