パサつきの原因

パサつきの原因

剛毛だったりくせ毛だったりする人の多くは、髪のパサつきにも悩まされているようです。その原因は地毛の状態にあるのだ、とますます落ち込んでしまう人も多いようですが、実際にはその剛毛やクセ毛を何とかしたくて縮毛矯正やストレートパーマなどを繰り返してしまった結果、かなりのダメージを受けてしまった事が原因であるケースも多いようです。パーマというのはそもそもどんな髪質の人であってもダメージを受けてしまうものなんですよね。その後の念入りなケアがとても必要なものなのですが、なかなかそれが毎日持続して出来る人と言うのは少ないものです。そもそもクセ毛などに悩まされている人なら尚更でしょう。なかなか縮毛矯正の効果が持続しないのは、その美容室のやり方と合わなかったからだ、と思う人も多く、たくさんの美容室を転々として何度も縮毛矯正を繰り返す人も少なくないはずです。そしてその状況に疲れてしまって、祝も矯正を辞めよう、と思った時にはかなり髪の毛が傷んでしまってパサつきに悩まされる状態になってしまっている事が多いようですね。そういう状態になってしまった人の多くは、それが自分の素の髪質であると勘違いしている人も多いのですが、きちんと一からケアすればある程度のパサつきは解消されるもののようです。剛毛やクセ毛で悩んでいる人たちが多くやっている対処方法で「結んでしまう」という手があります。確かに結んでしまえばとりあえずは髪の毛が落ち着いて見えますし、髪の多さや太さ、硬さなどもあまり感じさせないスタイルになります。ですが髪の毛を引っ張って結んでいる状態と言うのは、実際には髪の毛がとてもストレスを感じている状況になっているようです。毛根が引っ張られてしまうので毛穴の形がいびつになってしまったりする事もあるようですし、引っ張られた状態が続く事で血行が悪くなってしまって、髪の毛の質が悪くなってしまうような状況も発生してきます。そして何よりも髪の毛を結んでいるスタイル、というのは人によっては老けた印象を与える事があります。夏場などに結んでいるのは涼しげでよいですが、常に結んでいるとトップのボリュームも無い様に見えますし、「とりあえず結んでいる感じ」というのはあまりオシャレに見えない事の方が多いですね。もしも結ぶ、と言う対処法をとるのであれば、ヘアアクセサリーなどを用いて、少しでもオシャレな感じに見えるように工夫する方が良いでしょう。また時には髪の毛を降ろした状態にして、髪の毛のストレスを軽減する時間を持つことも大切になってくるでしょう。美容室 調布駅 カット カラー おすすめ 安い