他店にないものを作る

他店にないものを作る

美容室のオープン時のクーポン配布作戦、というのはどの美容室でもやっています。もしも近隣で同じように美容室がオープンしていたとしたら、なおさら効果は薄れてしまうでしょう。近年美容室はお客さんが好きな様に選ぶことができるぐらい件数が増えてきています。お客さんの吟味する目も肥えてきています。そんな中でただ単純に他店と同じような割引クーポンを配布するだけでは、競争に負けてしまっても仕方がありません。他店に負けないような集客をするためには他店に負けないような魅力が必要ですよね。他の美容室がまだ取り組んでいないようなサービスをアピールする必要があります。例えばオープン記念の粗品がとても魅力的なものだったらどうでしょう?近隣のスイーツのお店とタイアップしてみたりするのも面白いですよね。並ばなくては変えないようなスイーツをプレゼントされる、となると取りあえず美容室がどうであれ、その粗品目当てに来てくれるお客さんもいるかもしれませんよね。あとは来てくれたお客さんの心をいかにつかむ事が出来るか、と言う事が勝負になります。来てもらっただけでは単純に粗品を持って行かれるだけです。来店してもらえるような努力、来店して大満足してもらえるような努力、の二段階が必要ですね。美容室をオープンさせた時に、お客さんの目と言うは侮れないものがあると思うんですね。それは最近は美容室の件数は十分すぎるほどあって、お客さんにしてみればより良い美容室を自分が好きな様に選ぶことができるような状況になっているんですね。ですからより良い施術をより良い料金で利用したい、と思うならばいくらでも吟味する事が出来る訳です。それに加えて最近はSNS上などの口コミですぐに良い話も悪い話も拡散されます。いくら美容室がオープン時に色々な集客サービスを展開したとしても、実際に来店したお客さんが一言「この美容室、私以外のお客さんは誰もいない」とつぶやいたとしたら、それは良くない情報の一つとして瞬く間に拡散されてしまうでしょう。そうなってくると美容室の方にも焦りが出てくると思うんですね。どうやってお客さんを喜ばせようか、と言う事に躍起になってくると、その焦りがお客さんに見抜かれてしまう事もあり得ます。「店員がやたらと馴れ馴れしかった」とか「何度も色々なメニューを勧めてくる」といった感想を持たれてしまう結果になりかねません。オープンしたての時に滅茶苦茶繁盛している美容室と言うのはおそらく割引クーポンにつられてやってきたお客さんが大半です。うちはそうではないのだ、というぐらいの気構えで焦りを見せない事も大切かもしれません。鶴瀬 美容院